これからの世界基準の生き方のスタンダードとは?

お喜楽道的生き方

 

こんにちは!

お喜楽道です^^

今日は、私が考える

これからの世界の生き方についてのお話です。

 

今、我々の世界での常識は、

1つの物事において、

ポジティブとネガティブ

のどちらか一方が存在し、

 

いい出来事と悪い出来事がある

と考えるのが一般的だと思います。

 

でも、

真実は違います。

 

あなたが、

ある一つの出来事に対して、

プラスorマイナスの側面

どちらか一方の側面を多く見て

出来事に一喜一憂しているだけなんですよね。

 

昔の私もそうでした。

 

でも、今の私は、

どんな物事にもプラスとマイナスの

どちらもあることが腑に落ちてるので

出来事が起きても一喜一憂しなくなりました。

 

今日、お風呂で本を読んでたんですが、

ふとした拍子に本を濡らしてしまったんですよね。

 

この本は、昨日買ったばかりで

まだ読み終わってなかったんですけど

 

本来は、買ったばかりの本が濡れちゃったら

 

「うわぁ〜まじか・・」

 

みたいに落ち込むと思うんですよ。

 

でも、

今の私は、

ちょっとぶれてもすぐに戻ります。

 

少しもぶれないってことじゃなくて

ぶれても引きずらないということです。

 

なぜなら、

一瞬、マイナスに解釈しても

すぐさまプラスの解釈をするように

意識をしてるからです。

 

他にも、

戦争で人が亡くなったり、

震災や災害が起きたとして、

多大な被害が出たとします。

 

それでも、

どんな出来事でもプラスもマイナスもあるんです。

 

身近な人を失った方は、

悲しみにくれると思います。

 

悲しいときは、泣けばいいと思います。

 

でも、

 

そういう経験をしたからこそ、

 

必ずプラスを受け取ってるはずなんです。

 

震災ではないですが、

私は、母を乳がんで亡くしています。

 

当時は、

悲しみにくれて泣きました。

 

でも、

母が亡くなったからこそ、

得られたプラスって山ほどあります。

 

極端なことを言えば、

母が今、生きてたら

私は、お喜楽道としての知恵のシェアをしてないと断言できます。

 

母が亡くなったからこそ、

今、私は、こうして知恵の発信ができてると考えると、

 

マイナスだけではなく、

プラスがあります。

 

このように、

出来事は1つでも

解釈はいくらでもできるわけです。

 

今の世の中は、

震災や災害が起きたら、

マイナスにだけ解釈してると思います。

 

でも、

大事なのは、

いかにそこからプラスを受け取るか。

プラスに解釈をして

人生にその経験を活かしていくかです。

 

そして、

こういうポジティブもネガティブも

プラスもマイナスもどちらでもない

中間をニュートラルと言います。

 

私は、

全世界的に、

どんなことが起こっても

ニュートラルに考えられる人が

増えていったら、

 

一見マイナスからでも

経験を活かして進めると思うんです。

 

ニュートラルが、世界基準の考え方になったら

もっと地球全体が幸せになるんじゃないかな〜〜

 

そんなことを思ったので書いてみました。

 

あなたは、
どう思いますか?

本日もあなたの人生が軽やかでお喜楽なものになることを
心から応援しています^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました