他人に行動を促すには、〇〇すればいい

ビジネス系

 

こんにちは!
お喜楽道です^^
 
 
 
この世の中は、
決して一人では生きていけません。
 
 
なぜなら、
 
あなたが、
 
身につけている服も
食事も睡眠グッズも
 
その他諸々誰かのおかげで
あなたは得ることができているからです。
 
 
 
私も、
 
ジェラピケがあるからこそ、
心地よい眠りにつくことができますし、
 
 
会社のメンバーがいてくれるからこそ、
 
頑張ることをしなくても
 
お金を受け取り、時間を自由に使うことができています。
 
 
 
もし、私一人で
 
・炊事、家事
・自分が着るための服を作る
・ビジネスをする
 
ということをしていたとしたら、
 
私は、
 
全く自由な生活を送れないでしょう。
 
 
誰かに何かをしてもらっているからこそ、
 
私ができることに集中して、
 
日々を送ることができてるわけです。
 
 
 
誰かに何かをしてもらえないなら、
 
私は、不自由な生活を送ることになります。
 
 
とは言っても、
 
自分の嫌なことをただ誰かに押し付けるだけでは
誰も動いてはくれません。
 
 
もっと言えば、
 
心地よく動いてはくれません。
 
 
 
そりゃそうですよね。
 
 
何が好きで、
 
他人のために仕事をしたり、
家事、炊事、洗濯をしたり、
服を作らなきゃならないんだ
 
 
って話です。
 
 
 
でも、
 
 
誰もに、心地よく自分のために動いてもらうことができる方法があります。
 
 
 
なんだと思いますか?
 
 
 
それは、、、
 
 
理由を述べること。
 
 
有名な話で、
 
あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、
 
 
とある大学で、
 
コピーを取るために、
 
割り込んで、
 
「先にコピーを取らせてください」
 
と言った場合、
 
60%の人がOKをしてくれたんだとか。
 
 
さらに検証は続き、
 
「急いでるので、先にコピーを取らせてください」
 
と言ったら、
 
94%の人が譲ってくれたんだとか。
 
 
そして、
 
ここからが、もっと面白いんですけど、
 
「コピーを取らなければならないので、先にコピーを取らせてください」
 
と言ったら、
 
93%の人がOKをしてくれたらしいんです。
 
 
いや、意味不明ですよね。
 
でも、実際、譲ってくれたんだそうです。
 
 
ここからわかることは、
 
誰かに何かをしてもらいたいときは、
 
「とにかく理由を話す」
 
ということ。
 
 
ただ、これやって
 
ではなく、
 
こうこうこういう理由があるから、これやって
 
って言う。
 
 
これだけで、
 
びっくりするくらい変わります。
 
 
あなたが、どうして、して欲しいのか?
 
なぜ、して欲しいのか?
 
 
その理由があるかないかで
受け取る印象が変わり、
 
現実が変わります。
 
 
ぜひ、試してみてくださいね〜〜〜
 
 
本日もあなたの人生が軽やかでお喜楽なものになることを
心から応援しています^^
 
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました