[お喜楽道の当たり前シリーズ]あなたは間違ってるかも?引き寄せの法則の本当の活用法とは?

日常の習慣編

こんにちは!
お喜楽道です^^

じゃんじゃんバリバリ引き寄せてますか〜〜〜?

いかがでしょうか??

あなたが、望んでいる理想はちゃんと現実になっていますか??

もし、あなたの現実が、理想の現実になっていないのであれば、
あなたの願い方がちょっと違うのかもしれません。

僕の引き寄せが早いのは、この願い方に秘密があるのかもしれません。

あなたは、願うときに、

「〜が欲しい」「〜したい」「〜になりたい」という言葉を使っていませんか?

「え、ダメなの?」

って思ったあなた、

もし、本当にこの言葉を使って願っているなら、
あなたの願い事は正しく宇宙に伝わっていません。

と同時に、今回お話することを正しく実践するだけで
あなたが望む理想の現実の引き寄せはかなりスムーズになりますよ^^

今回のお話を通してあなたに知っておいていただきたいこと

それは…

宇宙は、思考の善悪の判断、肯定、否定の判断ができず、
注文を受け付けたら、その通りの現実を作ろうとして、
「思考を現実に変えよう」として、力が働き出すのだということです。

つまり、あなたが、

「〜が欲しい」「〜したい」「〜になりたい」と願うと、
「〜が欲しい」「〜したい」「〜になりたい」という現実を実現するんです。

いいですか??

「お金が欲しい」なら、「お金が欲しい」状態が

「人間関係をよくしたい」なら、「人間関係をよくしたい」状態が

思考を現実に変えてくれる力を使って、あなたの現実に現れることになるんです。

ということはですよ、

「お金が欲しい」なら、「すでにお金がある」ということを

「人間関係をよくしたい」なら、「すでに人間関係が良くなった」ということを

それぞれ願う必要があるんです。

なので、僕の願い方は、基本的に全部過去形です。

「お金があった」は、ちょっと変な気がするので
「裕福になった」ということをまだ自由を手にしてない頃は、
書いたり、言ったりしていました。

他にも、

「月収100万円を達成した」

「自分が何もしないのにお金を受け取れるようになった」

「心から大好きな仕事をできるようになった」

など書いていたら、すでに達成しました。

僕にとっては、過去形で願うっていうことは、
すでに当たり前になってたので取り立てて書くこともないと思ってましたが、

まだあなたの当たり前になってないのであれば、
ぜひ、今日この瞬間から意識してみるといいですよ〜〜

紙に書くと願いが叶うはウソ?ホント?(実際に2年間引き寄せ検証してみた。)

ちなみに、昔書いた上の記事は願いを書いた紙をそのまま写したものなので
「〜いる」「〜したい」と書いてたりします。

今考えると、「〜いる」は叶ってるけど「〜したい」は
全然叶ってなかったですねw

また新たな気づきを得られました〜〜〜

あなたが見てくれてるから今回の記事を書こうと思ったので
見てくれてるあなたもその他の方も本当にありがとうございます!^^

今日もあなたが引き寄せマスターになって
あなたの人生がより良くなっていくことを応援していますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました