ワールドトリガーに学ぶ「直感」の重要さとは?

日常の習慣編
 
こんにちは!
お喜楽道です^^
 
 
あなたは、
 
直感を感じることがありますか?
 
 
例えば、
 
こんな感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは、
 
11/5(月)発売の週刊少年ジャンプの漫画
 
「ワールドトリガー」の1シーンです。
 
ワールドトリガーは、
先週まで2年ほど休載をしてて
ようやく復活したジャンプの中では、
結構好きな漫画なんですが、
 
 
生きている中で、
 
なんかわからないけど、
 
「こっちに進まない方がいい気がする」
 
とか
 
「なんかこうした方がいいんじゃないかな〜〜〜」
 
 
っていう直感が働くことってありませんか?
 
 
私は、結構あります。
 
 
漫画の中では、
 
こういうことについて、
 
「勘」
 
「自分じゃ気づかなくても無意識に情報を
キャッチしてる場合もあるからな」
 
と書かれています。
 
 
事実、
 
そうなんですよね。
 
 
これ、
 
どういうことなのかというと、
 
私の解釈で言うと、
 
 
自分の中のもう一人の自分が
教えてくれてるんです。
 
 
そっちに行くと、
 
「君の望んでる方向にはいかないよ」
 
「そっちよりもこっちに進んだ方がいいよ」
 
って。
 
 
そして、
 
実際に、その方向に進んでみると
 
もう一人の自分が喜ぶんですよね〜〜〜
 
 
逆に、
 
逆らって、自分で考えた道に進むと
拗ねちゃうんですよね笑
 
 
でも、優しいからすぐに許してくれるんですけどw
 
 
私は、
 
行動をするとき、
 
こういうもう一人の自分がどう感じるかを
非常に大切にしています。
 
 
今日は、
 
ワールドトリガーを見て、
インスピレーションが湧いたのと
ワールドトリガーを知らない方が
読んでみるきっかけになればと思って
こんなシェアをしてみました。
 
 
あなたは、
 
もう一人の自分が何を教えてくれてるか、
 
ちゃんと耳を傾けていますか?
 
 
本日もあなたの人生が軽やかでお喜楽なものになることを
心から応援しています^^
 

コメント

  1. suba suba より:

    Im thankful for the blog.Thanks Again. Want more.

  2. Really enjoyed this blog post.Much thanks again. Will read on

タイトルとURLをコピーしました