[不妊治療者必見!]宇宙の法則で赤ちゃんがあなたの元にやってくる方法とは?

日常の習慣編

こんにちは!
お喜楽道です^^

赤ちゃんって何でこの世に生まれてくると思いますか?

これは完全な僕の持論なので、
1人の人間の個人的な意見として読んでいただけたらと思っていますが、

僕の結論は、

「赤ちゃんは生まれてくる理由がなければ
この世に生まれてこない」

だから、

「赤ちゃんが生まれてくる家庭には、
赤ちゃんを必要とする理由がある」

です。

1シーズン前のドラマで

「隣の家族は青く見える」という不妊治療をテーマにした
ものがやっていました。

(録画リストにその名前があってインスピレーションが湧いたので書いてます。)

 

 

 

 

 

 

 

不妊治療をすることで、

「赤ちゃんが欲しい」と思っている主人公夫婦。

でも、

一向に赤ちゃんは生まれません。

ネタバレになりますが、

結局、ドラマ中に赤ちゃんを
授かることはありませんでした。

僕は、これを見て、

「赤ちゃんは必要のないところにはこない」

と考えを強くしました。

要は、

赤ちゃんって、夫婦の間に何か溝があったり、
バランスが取れていない時にバランスを取るために
現れる存在だと思ってるんです。

このドラマの主人公夫婦は、
さほど喧嘩もせず、今が十分な状態

2人で何一つ欠けることがない状態

だからこそ、赤ちゃんが生まれなかったんじゃないかなって。

もしくは、

夫婦2人のうち、片方か両方が

「潜在的に赤ちゃんを欲していない」

のかなと思います。

よく、良家に嫁いで跡継ぎが生まれないという
ケースがあるのではと思いますが、

これは、嫁いだお嫁さんが

「良家の実態を見た上で、ここに自分の子供を産みたくない」

「ここに産んで苦しませたくない」

と感じてるのかもしれません。

もちろん、今回のシェアは、僕個人の見解なので
的外れかもしれませんが、

「赤ちゃんが生まれることで、学びがあれば自然と生まれる」

のではないかな〜〜

って思うんですよね。

だから、

もし、今不妊治療をされてる方がこの記事を読んでくださってるなら、

「今、十分に満たされてバランスが取れている」

「潜在的に、赤ちゃんを欲しいと思ってない」

どちらかを考えてみるといいのではと思います。

本日もあなたの人生がお喜楽になることを
応援していますね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました